辛いつわりのピーク

辛いつわりのピーク

辛いつわりのピーク

一般的には、つわりのピークは妊娠10週くらいといわれています。

でも、これにも個人差がありますので、一概にこの時期に絶対に終了、とは言えません。

もっと早く終わる人もいれば、長く続いてしまう人もいます。

お子さんを3人出産された方の例を紹介しましょう。

一人目の時は、9週から臨月まで、つわりが続いたといいます。

この方の場合、食べつわり、つまり、食べ続けていないと気持ちが悪い、というものでした。

分娩が終わると、その症状は嘘のように引いたようです。

二人目の時はつわりの症状がなかったそうです。

一度だけ吐いたことがあったようですが、一人目の時がなんだったんだ!と思うくらい、拍子抜けだったようです。

三人目は吐くつわり。妊娠初期には吐いてばかりで、この状態が臨月まで続くのか?と思ったようですが、安定期に入ると徐々にその症状は治まっていったそうです。

つわりのピークは一般的に妊娠10週といわれていますが、その人によって、妊娠初期だったり、後期だったり、またピークも何も、つわり自体がなかったり・・その人それぞれに、またその妊娠の時によって、症状も軽症から重症まで様々なのです。

おなかにあかちゃんがいる、その証拠のようなものがつわりです。

赤ちゃんが成長している・・ということを考えれば、お母さんが耐えられないことはありません。

つわりは、いつか終わるもの。懐かしく笑える日がきっときますよ。

powered by Quick Homepage Maker 5.1
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional