妊娠中、つわりの時ってなに食べる

妊娠中、つわりの時ってなに食べる

妊娠中、つわりの時ってなに食べる

妊娠だ!つわりだ!、もうこればっかりは、どうしようもないこと。

このつわりをできるだけ楽しく過ごす為にどうすればいいかって、楽に楽に考えましょう。

つわりも、好きな人の分身がここにいる証拠って思いましょう。

妊娠中、私は大嫌いだったトマトが無性に食べたくて、トマトばかり食べていました。

姉は、梨。普段食べもしないのに。

そう、妊娠中は食べ物の好みが変わるという人が少なくありません。

食べ物の好きとか嫌いとか関係なくなってしまいます。

つわりがひどい人は、とにかく「何が食べられるか」「何なら食べられるのか」ということが大切。

栄養価とか成分も必要なことだけど、今、つわりの人は、とにかく自分が食べられるものは何かを考えてチャレンジしてみましょうね。

空腹になると気持ち悪い・・となってしまいますから、たくさんじゃなくても、小分けにして食べるという手もあります。

つわりも本当にひどい、という人でなければ、つわりがひどい時間帯、つわりがひどい日というのがあります。

朝が最悪、とか、夕方にかけて・・とか。

楽な時間を見つけて、自分が食べられるものを冷蔵庫にストックしておきましょう。

作るのが嫌!という時に重宝しますよ。

盛り付けを工夫したり、小盛りで少しずつ食べる、という工夫も必要です。

赤ちゃんのことを考えて、バランスのいい食事・・これは、妊婦さんが誰でも思ってしまいますが、これはつわりの後で十分だと思います。

何しろ、お母さんの「安定」が一番。

つわりが終わったら、改めて、塩分を少なくしたり、糖分を抑えたり、鉄分やマグネシウムを多く取るといった工夫をして下さいね。

このあたりから、妊娠中毒症について気を使っていきましょう。

刺激物を取りすぎない、塩分を多量に取らない、糖分を控えめにする、炭酸飲料などをなるべくさける・・ということを心がけて、ある程度栄養を考えながら、自分が無理せず食べられるようにしていきましょうね。

powered by Quick Homepage Maker 5.1
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional