つわりは妊娠初期が多い

つわりは妊娠初期が多い

つわりは妊娠初期が多い

妊娠初期、つまり、妊娠2ヶ月から3ヶ月という時期ですね。

この時期は、妊娠期間中で最も気をつけなくてはならない時期です。

そう、胎盤が不安定な時期。

初めてのお産や一度流産を経験している人は、妊娠初期は気をつけて過ごすことが大切です。

流産は癖になりやすいのです。

重いものを持ったり、おなかに力が入るような運動などは、できるだけ避けるようにしてくださいね。

精神的不安定からつわりが強く出る、という場合も、この妊娠初期には考えられることです。

こんな時、家に閉じこもっていないで、仲のいいお友達と一緒にお茶を楽しんだり、実家に帰ってのんびりするなど、精神的にくつろいだ時間を作ることも必要です。

ちょっとした環境の変化でつわりがなくなった、また楽になったということもありますよ。

お母さんからの栄養を吸収して大きくなっていく胎児。

つわりの時期にほとんど何も食べられないという状態でも、赤ちゃんはお母さんの持っている栄養で十分成長ができます。

つわりの際には、自分が好きなものをとることも大切です。

注意したいのは、塩辛すぎるもの、刺激が強すぎるものなどを取ることです。

多少ならいいのですが、毎日同じ塩辛いものを摂取していたら、妊娠中毒症につながりますので、気をつけてください。

つわりの辛い時期を乗り越えたら、今度は、赤ちゃんの栄養を考えましょう。

またお母さんからいい母乳が出るように、栄養バランスのいい食事を心がけましょうね。

上質のたんぱく質、レバーや野菜、豆、貝類、しいたけなどの乾物も沢山の栄養がつまっています。

牛乳もしっかり飲んでくださいね。

妊娠中に絶対に食べてはいけないものというのはありません。

沢山の食べ物を、偏ることなく食べることが大切です。

たまには、甘いものを食べることも、ストレス解消になりますよ。

また、香辛料は、適度に使えば、食欲をアップさせるものです。

上手に使ってください。

powered by Quick Homepage Maker 5.1
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional