つわりの症状は人それぞれ

つわりの症状は人それぞれ

つわりの症状は人それぞれ

つわりの症状はその人それぞれで違います。

妊娠してすぐからつわりになる人、またかなり遅くまで続く人、など、人によってその度合いも違います。

つわりの時に食べられるものも、その人それぞれです。

つわりは本当に辛いものです。

病気ではないとはいえ、寝込んでしまう人もいます。

でも、このつわりこそが、自分の身体の中に新しい生命が宿った証拠でもあります。

つわりで何も食べられないという妊婦さんが、おなかの赤ちゃんは大丈夫かしら・・と心配することがありますが、赤ちゃんはこの時期まだまだお母さんからの栄養をそれほどたくさん必要としていないので、神経質になる必要はありませんよ。

もし、それでも、栄養が心配なようでしたら、「ママミルク」という栄養のバランスのいいミルクもありますよ。

つわりは、大きく分けると、2種類にできると思います。

一つは、食べつわり。とにかく何か口に入れていないと気持ちが悪くなってしまう、というつわり。

このつわりの場合、気がつくと、体重が・・という心配がありますね。

吐きつわりの場合は、食事をするしない、ということに関係なく、とにかく吐き気や嘔吐が襲ってきます。

また、ホルモンのバランスもあって、眠気がひどい、という人もいるようです。

つわりの原因の一つに、「ストレス」があります。

普通の状態でもストレスは、身体に影響しますよね。

まして妊婦さんではそのストレスも強くかかる場合があります。

精神的に不安定になりますからね。

つわりは重症化してしまったり、悪阻という状態になると、本当に大変です。

病院で早期に対処すれば、避けられる場合もあるので、自己判断せずに、お医者様の診断を受けましょうね。

脳に影響がでる、というのは、にわかに信じがたいことですが、つわりで栄養状態が悪くなれば、脳にも影響がいってしまいます。

また、これが元で、後遺症になってしまう場合がありますから,自己判断は禁物。

赤ちゃんを守れるのも、感動のお産ができるのも、お母さんだけですからね。

powered by Quick Homepage Maker 5.1
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional