つわりの時、何食べる

つわりの時、何食べる

つわりの時、何食べる

つわりの時期は、普段と同じ栄養価のあるものを食べようと思っても、食べられないし、食べても吐いてしまったり・・と逆効果になることも多いです。

自分が食べられそうだな?と思うものは、積極的に食べてください。

漢方での理論でつわりについて、胃に熱がこもっている状態という言い方をします。

だからこそ、妊娠中は身体を冷やすことはいけない、とされているのです。

温性食品はつわりの悪化につながります。

でも、これにこだわる必要はありませんし、赤ちゃんの栄養も、今のお母さんから十分摂取することができています。

つわりの時期には、自分が食べられるものを少しでも口にしていきましょう。

もし、固形物が食べられない、おかず、というようなものやお米といった一般的な食事が取れないのであれば、水分が豊富な涼性食品をとることがいい、といわれています。

胃の熱を取るという意味で進めている食品はスイカや苺、梨、レモンといった果物や、海藻類です。

また、酸味のあるもの、梅干や酢で調理したものは口がすっきりとして、つわりの時でも比較的食べられるという妊婦さんが多いようです。

脂分の多いもの、揚げ物や脂身の多い肉などは、逆に気分が悪くなります。

妊娠中は焼肉を想像しただけで、気持ち悪くなってしまう人もいます。

食事を取るときに、あまりに大盛りになっていたり、たくさん量があるのを見ると、つわりの時期は嫌になってしまいます。

見ただけで胸焼けがする、という状態ですね。

こういうときには、ご飯なども小盛りにして、少しずつ食べられるように小さいお皿などに、食べられるものだけのせても、気分がだいぶ違いますよ。

大切なこと、それは、食事が取れなくても、水分はまめに補給するということです。

脱水症状、これが一番恐いです。

妊婦さんはデリケートですし、体力が落ちている時に脱水すれば、自分がさらに辛くなってしまいます。

ジュースでも、水でも、水分補給をしっかりしましょうね。

powered by Quick Homepage Maker 5.1
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional