つわりの始まる時期

つわりの始まる時期

つわりの始まる時期

妊婦さんの最初の試練、それが、つわりですね。

月経が遅れ、妊娠の可能性がある?と自分で確認し、そこで既になんとなく気持ちが悪い、体調が悪い、と訴える人もでてきます。

吐きたくなったり、食べていないと落ち着かなかったり、異常な眠気に襲われたり、とにかくつわりは、人によって症状も違いますし、初めてのお子さん、3人目のお子さんといった場合でもつわりは異なります。

つわりの多くは、妊娠週数4~6週くらいから始まる人が多いようですね。

胎盤が完成してしまうまで、つまり、妊娠週数が12週から16週といった所で、その症状も徐々に納まってきます。

つわりを一番強く感じるときが、一般的に妊娠7週から9週といわれています。

つわりの原因は解明されていませんが、妊娠をすると、ホルモンのバランスが大きく崩れます。

子宮の中の絨毛から出るHCGという大量のホルモン。このホルモンが妊娠と同時に急激に増加していくことで、妊娠10週のピークから12週から16週で落ち着いていきます。

この大量のホルモンがつわりに関係しているのでは?ということが言われています。

人間の身体は、外部から異物が入ったということを認識すると、熱を出したり、湿疹を出したりして、いわゆる「拒絶反応」を起こします。

胎児も、いくらお母さんとはいえ、自分とは違う生命ですから、身体は異物への反応をするのかもしれませんね。

実家に帰ったらつわりを感じなかった、友達に電話をしている時は、つわりが起きない、といったこともよく聞きます。

居心地のよい環境にいることで、つわりが軽減されるということでしょう。

つわりの時期は、とにかく無理をしないこと。

辛かったら休めばいいのです。

旦那さんにストレス発散!しても、きっと許してくれますよ。

powered by Quick Homepage Maker 5.1
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional