つわりの原因ってなんでしょう

つわりの原因ってなんでしょう

つわりの原因ってなんでしょう

つわりは、ほとんどの妊婦さんが経験するものです。

まったくない、という人もいますが、ほんの一握りです。

つわりのメカニズムは、まだ、解明途中ですが、わかっていること、こうではないか?という説などがあります。

妊娠すると、女性は、子宮の中に絨毛ができ、HCGというホルモンが大量に分泌されます。

妊娠と同時に急激に増加し、10週でピーク、12週~16週で落ち着く、といわれています。

ですからこのホルモンの分泌が、つわりに多く関係していると考えられています。

赤ちゃんを産むのが初めて、という人のほうが、つわりの症状が強い、ということも言われています。

また、双子や三つ子、といった多胎妊娠、胞状奇胎などの絨毛性疾患といった異常妊娠の場合、つわりがひどい、またほとんどがつわりを経験する、ということがわかっています。

つわりの原因は深くわかっていませんが、人それぞれに症状が違うという特徴を持っています。

つわりの始まりの時期、第1期は、とにかく嘔吐が頻繁に感じられます。

空腹時には特に、症状を訴える人がいますね。

食事をするといった時間だけでなく、普通にしているだけでも嘔吐します。

また、吐くものがなくなると、胆汁や胃液などが混ざって嘔吐する場合もあります。

吐きすぎ、また粘膜が荒れると血液もまざります。

ひどくなる人の場合、食事はもちろん、水分の摂取もままならない、という人もいるのです。

第2期は、1期を超えてもなお、つわりが治まらないという人に、体重が減少する、口臭が強くなる、といった症状が見られたり、血液検査や尿検査という数値にも異常が出てくるという場合です。

これがさらに進み、第3期にまで突入してしまうと、完全な中毒症状と共に脳の障害が出てきます。

耳鳴り・頭痛・めまい・不眠・幻覚といった症状に襲われるようになります。

また悪化すれば、意識障害、果てには後遺症を残す重篤な事態になってしまいます。

この第3期の前、つわりがひどくて精神的に辛い、という時に、しっかり診察を受けておくべきですね。

powered by Quick Homepage Maker 5.1
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional