つわりにどう対処する

つわりにどう対処する

つわりにどう対処する

つわりになると、自分の好みが全く変ってしまう場合があります。

大好きだったのに全く食べることができなくなったり、嫌いだったものがすごく食べたくなったり・・つわりは本当に不思議です。

でも、困ったことに、食べ物を全く受け付けなくなってしまうという妊婦さんもいるのです。

ママ用のミルクなどもオススメですが、お医者様に相談してみるのが、一番いいでしょう。

食べられないと、赤ちゃんに栄養がいかないと心配になるお母さんもいますが、一般的なつわりの時期には、赤ちゃんはそれほどの栄養を必要としていないのですね。

頑張って食べようと思っても、つわりのときは、かえって吐いてしまうという場合もあるので、それほど頑張らなくても大丈夫です。

つわりが終わったら、栄養バランスを考えた、赤ちゃんにいい食事をしっかり取るようにして下さい。

ストレスがたまりやすいのが妊婦さん。

ストレスがあると、つわりもひどくなる傾向にあるようです。

精神的にリラックスして、つわりの時期は、自分が食べられると思うものを少しずつでいいので、とっていきましょう。

つわりも、あまりひどいものになると、薬が処方される場合や入院という場合もあります。

こういう場合は、お医者様の指示に従ってきちんと処方されたものを飲みましょう。

ただ、自己判断で薬に依存するのは危険です。

できるだけ気分転換をはかり、お友達とお話したり、また実家に帰ってくつろぐのもいいでしょう。

自分のリラックスできる方法を知っておくことも必要です。

つわりの時期は、だんなさんにもきっちり付き合ってもらいましょうね。

つわりで大変なことをわかってもらいましょう。

食事の支度ができない、つらい時には家族を頼ること、これが一番です。

powered by Quick Homepage Maker 5.1
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional