つわりと妊娠、そして薬

つわりと妊娠、そして薬

つわりと妊娠、そして薬

大抵の妊婦さんが経験するつわり。

昔から研究はされていますが、原因など深いことはわかっていません。

有効な薬も出ていません。

これは、妊婦さんが極力強い薬を飲まないほうが良い、ということも理由にあるかもしれません。

妊婦さんが薬など、必要最低限以外飲んではいけない、というのはなぜなのか。

これは、日本の悲しい歴史を思い起こせば、当然のことでしょう。

つわりの治療に使用された「サリドマイド」。

この薬の副作用によって、「アザラシ症」と呼ばれる赤ちゃんが産まれ、妊婦さんが薬を安易に飲む危険性が、考えられるようになりました。

サリドマイド児。

手足が短いまま産まれてしまうというものです。

妊娠中の女性の身体、内部は、妊娠が始まってすぐに、激変しています。

おなかに宿った命を守るために、妊娠していない女性に比べると、抵抗力が弱く、臓器の働きも弱くなっています。

このデリケートな身体のうちに、薬を飲めば、普通の状態よりも副作用が強くでる、というのもわかりますね。

赤ちゃんとお母さんは胎盤を通してつながっています。

お母さんが薬を飲めば、赤ちゃんに全く影響しないということはありえません。

赤ちゃんに対しても、薬の影響が出てしまうわけです。

一番注意したいのは、妊娠初期。

おなかの中で胎児の臓器などが形成されるとても重要な時期です。

この時期は薬の影響を強く受けてしまいます。

でも、妊婦さんが慢性疾患の病気を持っていた場合、この薬をやめてしまえば、母体に悪い影響を与える・・というリスクを負ってしまいます。

妊娠中毒症と診断され、お薬を処方されても「薬は赤ちゃんに悪いから」と自己判断でやめてしまうお母さんがいます。

これは危険です。

赤ちゃんの成長を阻害しないように、処方される薬ですから、自己判断は、絶対にやめましょうね。

残念ながら、こうした薬を飲まなくても、2~3%という割合で奇形、身体の内部の異常などをもって産まれてくる子もいます。

薬を飲んだから、飲まないからということに関係ない場合もあるのです。

powered by Quick Homepage Maker 5.1
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional