つわり対策と対処法。つわりの「つぼ」ですっきり改善!

FrontPage

辛いつわりを乗り切ろう

つわりの症状や始まる時期と期間、つわりのつぼですっきり改善、妊婦に優しい食べ物とレシピなど、つわり対策と対処法を紹介しています。

つわりが辛い!どうやって乗り切る?

つわり対策!どうやって乗り切る?

つわりは本当に辛いです。

「こんなに辛い思いをしているの、私だけ?」妊婦さんはそれでなくても、精神的不安定になりやすい。

ホルモンバランスがくずれていますから。

精神的にも肉体的にも楽になる為に、またつわりが「悪阻」になる前にしっかり対処しましょうね。

つわり・つわり・・いつかは治るもの、そうです。

ほとんどの人は、あれ?つわりがないみたい・・と知らない内につわりの終了を迎えています。

でも、中には本当に赤ちゃんを産むまでつわりに苦しんだり、妊娠悪阻という病的状態になってしまうこともあるのです。

だからといって、神経質になる必要はありません。

お医者様に行けば、それが本当にひどいつわりになってしまっているのか、それとも、病的なものではないのか、という判断をしてくれます。

お医者様にお話をするだけで、気持ち悪さがとれた・・という人もいます。

我慢しないで、病院へ行って見ましょう。

例え入院が必要になったとしても、それはかわいい赤ちゃんを見るための試練!病院にいるのですから、何かあっても大丈夫!くらいのどーんとした気持ちでいましょう。

つわりに「この薬を飲めば治る」というような薬はありません。

でも、つわりは、自分のつわりの『つぼ』を知ってしまうと、案外症状を和らげることができますよ。

  • こういうときこそ、お友達。お友達が連絡つかないなら、お母さん!お姉さん!誰でもいいから、ストレスを貯めずに、笑って過ごしましょう。メールや電話もいいですよ。
  • 適度な運動も必要。まだ安定しているという時期ではありませんから、お散歩がいいですね。
  • お買い物は女性の一番のストレス発散!赤ちゃんのものを買ったり、ウィンドウショッピングをしたり・・
  • 編み物やパッチワーク、ビーズもいいですね。何か集中できるものがあると、つわりって忘れていますよ。
  • ガムとかあめ。口に何か入れていないと気持ち悪くなる「食べつわり」という人もいます。あめとかガムをかんでいれば、だいぶ違いますよ。
  • とにかくご飯の炊けるにおいがもう最悪!なんて人もいますよね。においに敏感になっています。こういうときは、無理せずに外食にしたり、市販品にしたり、つわりの時期は、とにかく自分の体に正直になることです。

つわりを乗り越える方法、克服の方法は、本当に人それぞれなんですよ。

この人がこの方法でよかったから、私も・・といっても逆に気持ち悪くなったり・・だからこそ、自分の体に正直になることが一番大切。

自分が楽になる方法を、「わがまま」と思わずに、やってください。

「発散」していくことも、つわりの克服法ですよ。

powered by Quick Homepage Maker 5.1
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional